スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

軽井沢でドローイングを展示
museum_s.jpg 

プラープダー・ユンのインクドローイングが、軽井沢の美術館で展示されています。行楽にお出かけの際は、ぜひこちらへも足をお運びください。(写真は美術館撮影のもの) 

2010年7月9日(金)〜31日(土) 
メルシャン軽井沢美術館 ミュージアムショップ 2階 MINI GALLERYにて
長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1799-1
TEL.0267-32-0288 
熊谷直子写真集「anemone」発売
anemone表紙

甘く切ないラブストーリーを奏でる32ページの写真集です。人気モデル、今宿麻美さんも共鳴する世界観。1月初旬配本開始!

雑誌各誌でファッションストーリーを撮影し、広告などでも幅広く活躍する女性フォトグラファー、熊谷直子の待望の初写真集です。世代的には蜷川実花らと重なる彼女ですが、クラシカルな色彩感と安定した造形美が持ち味。彼女は幼少時代から自分用カメラを与えられ、いつもレンズを通すことで物事と対話してきたといいます。カメラはまさに血肉化した身体、感情の吹き込み口のようなネイティブ・ツールでした。そんな撮影生活はフランス滞在時代を経ても変わることなく、彼女の写真の底に流れる繊細なニュアンスを生み出し、多くのクライアントから支持されています。本書はそんな彼女が、写真家としてのまだ短い半生を凝縮し、甘く切ないラブストーリーになぞらえて構成するものです。「はかない希望」「恋の苦しみ」という花言葉を持つ「アネモネ」をタイトルとし、これまであまり公開されることのなかった静物写真、風景写真群によって構成します。彼女の写真に共鳴した人気モデル、今宿麻美さんを撮りおろした新作も交えられています。同名での写真展は東京・代官山にて12月19日から開催されますが、その内容が好評につき急遽、一般にも発売される本となりました。

書名:anemone 著者:熊谷直子
仕様:A4正寸(210×297?) 32ページ オールカラー ソフトカバー
税込定価:2,100円(本体2,000円) ISBN978-4-9903621-5-7

熊谷直子 フォトグラファー
1976年、兵庫県生まれ。1996年渡仏し2000年まで滞在。2003年にフリーランスとなる。「Sweet」「装苑」「GISELE」「JILLE」「Switch」などの雑誌やアパレル各社の広告イメージを数多く手がけて活躍中。
http://kumagainaoko.com/
提携ギャラリーがスタート
gallery speak for 内観

代官山のアートギャラリー、Gallery Speak Forが以前と同じビルの地下1階へ移設して内装をマイナーチェンジ。9月26日(金)から再オープンします。TYPHOON BOOKS JAPANと運営が同じ会社なこともあって、これから近い関係で連携を計る予定です。初回展示はアーティスト/イラストレーターの松尾たいこさんの個展「Parallel World 〜私の視線〜」。10月8日(水)まで。

GALLERY SPEAK FOR
150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR B1F
T.03-5459-6385 F.03-5459-6386
開廊時間:11AM-8PM 最終日のみ6PMまで 休廊:毎週木曜日・年末年始
http://www.galleryspeakfor.com/
夏季休暇のお知らせ
夏季休暇

8月13日(水)〜16日(土)まで夏季休暇です。ご注文、お問い合わせへのご対応は8月18日(月)からとなります。
日経WOMANで紹介


7月7日売り「日経WOMAN」8月号「BOOK REVIEW」コーナーで、「鏡の中を数える」が紹介されました。作家・吉田修一さんの最近「読んだ本」としてコメントされています。
スタジオボイスにインタビュー記事


「スタジオボイス」8月号にてプラープダー・ユンのインタビュー記事が掲載されました。小特集「Thailand Express」の中で、バンコクのお薦めスポットとして「ニールソン・ヘイズ図書館」をご紹介しています。
Check
Page: 1/1